Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gendaianime.blog108.fc2.com/tb.php/180-841f2491

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

やってしまった

昨日友達と遊んだのはいいんですがPS2のコントローラーを忘れてきたためいろいろできず

まぁそんなことは置いといて

今回は俺のデッキ紹介を


デッキ名:なんちゃら演武


↑は二つ名メーカーにて決めたんですが「なんちゃら」の部分忘れましたwww

まぁいいかノリで決めたし


それじゃまぁ一番知りたいであろうレシピのほうを


キャラクター:21
3、玉兎
3、サニーミルク
3、アリス・マーガトロイド(5弾)
2、射命丸 文(5弾)
3、西行寺 幽々子(5弾)
2、四季映姫・ヤマザナドゥ(5弾)
3、符ノ壱“伊吹 萃香”
2、符ノ弐“伊吹 萃香”

スペル:10
3、人界剣「悟入幻想」
2、抑制「スーパーエゴ」
2、死神「ヒガンルトゥール」
3、死符「ギャストリドリーム」

コマンド:19
2、秘密結社
3、作戦阻止
2、運命のダークサイド
3、強引な取引
2、瞋怒
2、断罪裁判
2、離反工作
3、破滅の呼び声

サイドボード
1、瞋怒
3、ディゾルブスペル
3、無縁塚
3、禁忌「フォービドゥンフルーツ」


こんな感じです

では続きまして説明のほうも

デッキ解説
分類としてはマナチャコンの中でも除去コンにあたると思います
ただ通常の除去コンとは大きく違うのが通常の除去コンでは安定性を求めるため符キャラの使用はあまりしません
理由としましては(俺の勝手な考えですが)
除去コンは基本的にマナチャ+相手のにキャラクターを出させずにカウンターを可能な限り詰んで
場に出た中堅キャラクターと手札の枚数で勝負をするデッキだとおもっているからです
ただこの通常の除去コンには現環境において一番対処しづらいキャラクターがいます

それが「5弾八雲藍」です

除去とカウンターに特化してしまうと藍が出てしまったときに手札にカウンターが2枚以上あり
場にキャラクターがいてもそれがすべて藍に負けてしまうという状況に陥りやすいからです
この場合手札から除去スペルなどをを打たざるを得なくなってしまうのですが
その時点で手札の枚数がイーブンもしくは負けてしまうとその後の安定性を大きく失ってしまいます
また藍は獣ということもあり慧音コンへの採用が高めとなっています
そうなってしまうと除去コンは現環境において大きく2つの不安定要素があることになってしまいます
まず一つ目がコントロール全般に言える
・桶コントロールもしくはビート
さらに
・速攻ハンデスビート(藍を含む)
に対しても5分程度もしくは負け越してしまうと安定性としてかけてしまいます
これではスイスドローというトーナメント内においていい成績を残すには難しいと考えられます

そこで除去コンは現環境において上記のどちらかに有利に対戦を進めれるギミックを詰む必要が出てきます
ここで考えられるのがフランドールやミニ八卦など貫通付加の採用です
これにより前者に対して耐性をもたせるものです
ただしこちらはミニ八卦を採用した場合、ひかない可能性、またカウンターされる恐れがありあまり安定性が確立されないと考えました
そこで次に考えたのが後者に対して有利に進められるデッキです
ここで考えなくてはいけないフィニッシャーは単純に藍に勝てるだけのスペックと単体での性能の高さ
さらに除去コンとの相性のよさです

まず考えられたのが5弾四季映姫・ヤマザナドゥです
これは単体が硬くまた同系コントロール対決となった際にとても役に立ちます
またメインから入る単体除去としてはギャスドリ、スーパーエゴでしか倒されないのは強い部分です
ただ5弾四季映姫・ヤマザナドゥだけでは確実に優勢に持っていけるだけの力はありません
もちろん鏡をしようすればさらに確実性が上がります
がそれ1枚に頼ってしまった場合相手のサイドからのフォービドゥンが刺さります
そこでさらに考えた結果出た答えが

「符ノ壱“伊吹 萃香”」

でした
このキャラクターを採用した理由の大きな1つが場に出た後の強さです
コマンドの目標にならない、スペルで破壊されない
これらは今存在してるカードの中で中で1,2を争う除去、コントロール耐性です
マスパが入ってるデッキを相手にしたときはこいしよりも硬いものとなります

また現環境で使用頻度が高いと言われているダークサイドですが実際対戦してみるとそこまで打たれないというのが体感です
そういう経験的直感もこのカードを採用した理由の1つとなっております

ただダークサイド対策をまったくしなくていいかと言うとそういうわけにもいきません
少ないと言っても半分程度のデッキではメインおよびサイドでアンチカードとして使用されていると考えられます

ただダークサイドを使われたときにカウンターだけでは同じコントロールと戦ったときに有利に進めれるか非常に微妙になってしまいます

そこで逆にダークサイドを使わせ辛い状況を作ることが大事になってきます

そんななかそれにぴったりのカードがあります

それが「破滅の呼び声」です
いちど見てしまうとダークサイドがとても打ちにくいものとなってしまいます
干渉で打たれてしまった場合それに対応できなければほぼそのセットが詰んでしまうからです

またこのカードは後半引いてきてしまった玉兎ととても相性がいいものです
また除去コンということを考えてみても相手の場を減らしてからの5枚除外ですからほぼ手札、場が空になるのは目に見えています
しかもこのカードはこういう防御的な使い方だけでなくアグレッシブな使い方も出来ます
それが破滅の呼び声がコマンドであるということです
つまり相手のドロー規定効果終了後メインフェイズ移行前に打つことによって相手の手札、場が合わせて5枚以下の場合スペル、キャラクターを使う隙を与えることがないまま1ターンなにもさせずに終わらせることが出来るのです
こうなってしまってはどう考えても相手はドローに頼るしかなくほぼ勝ちを逃してしまいます

またこのデッキにも大きな落とし穴はあります
それがノードロックです
コントロール全般に言えることですがノードロックには絶対に勝てません
玉兎の登場で楽になったとはいえ7ノード帯まで耐えれるかといわれればほぼ無理でしょうね
ダークサイドやパルスィが出たおかげでほぼ環境からは見なくなりかわりに除去を詰んだ高速ビートが台頭したのが大きかったですね
また今回あたらなくてよかったんですが桶にもほぼ勝てません
序盤に高速マナチャからヒガン→相手ターンヒガン3発で3枚除去から両方の手札をぼろぼろにして破滅で運ゲーにもっていくしか手がないですから
サイド後はまだ何とかなるんですけどね~

あと身内にも居たのですが空間操作張られてもかなり辛いです
何も付いてない玉兎に自分で除去を打たないとどうにもならないということが起こるので


まぁかなり長文になりましたがこれが俺がこのデッキにたどり着いた経緯です
いろいろ突っ込みたい部分はあると思いますがそこは出来る限りやさしく突っ込んでください

イドでおられた心がまだ回復してないのでこれ以上は無理できないのでwww

あくまで個人的な考えで並べた自論ですので参考になれば幸いです
参考にして被害をこうむっても当方では一切責任をおいません


次回は身内がレポあげてくれればそれを掲載したいと思います
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gendaianime.blog108.fc2.com/tb.php/180-841f2491

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Ioros

Author:Ioros
今現在大学3年
エロゲ暦6~7年ぐらいだと思う
最近やってないなぁ~
チンゲ暦多分9年ぐらいかな?中一ぐらいからだと思うけどわかんない
彼女いない暦・・・=◯)`ν゜)・;'
きっとこの3つの暦はこれからも更新されていくでしょう
ついに二十歳になってしみじみと歳食ったなぁ~とか思っています
若いけどもう十代じゃないんだぁ~

好きな画家はいとうのいぢ、べっかんこう、しんたろーとかかな
好きな小説はシャナ、彼と彼女と召喚魔法、とらドラなんか
まぁこんな狭いところで俺の好きな画家とか小説は書ききれないけどね

俺を辱めた奴らは

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。